卓球で使われる回転は?

卓球〜回転を理解しよう

 

 

 

 

卓球初心者さんが、卓球をうまくなるためにさけて通れないのが、回転への理解です。

 

 

卓球は回転のスポーツといわれるくらい、回転が重要なスポーツなんです。

 

 

サーブをするときも、レシーブをするときも、打ち合いをする時でさえも、何らかのやっかいな回転がかかっていることの方が多いです。

 

 

ですから、基本的な回転の種類を大まかに押さえて、他の技術にスムーズに入れるようにしておきましょう。

 

 

 

卓球〜回転の種類

 

 

卓球の回転は、大きく分けて、ラリーの回転、上回転、横回転、下回転、ナックルの5つです。一つづつ見ていきましょう。

 

 

ラリーの回転

 

これは、大丈夫だと思います。ラリーで打つと出る普通の回転です。とても返しやすいのが特徴です。

 

 

横回転

 

横回転は、名前の通り横に曲がる回転です。カーブ的な回転と、シュート的な回転の2種類があります。

 

卓球初心者さんにとっては、特に、横回転がかかったサーブは、レシーブが難しく、ここが一つの壁でもあります。

 

 

 

卓球〜回転を理解しよう

 

 

 

 

上回転

 

上回転サーブは、あてると、吹っ飛んで行ってしまう回転です。前進回転(前に進もうとする回転)がかかっているので、普通にあてるだけだと台から飛んで行ってしまうんですね(^_^;)

 

 

横回転と同様、卓球初心者さんには、とるのが難しいです。

 

 

 

卓球〜回転を理解しよう

 

 

 

下回転

 

これは、つまり、後進回転ですね。後ろに進む回転が混ざっているので、あてると下に落っこちてしまいます。

 

 

下回転は、卓球初心者さんでもツッツキという、技術を憶えれば、結構簡単に取れますし、ツッツキで下回転をだすことも出来ますが、サーブとして、下回転を出すのは、卓球初心者さんには、結構、難しいです。

 

 

卓球〜回転を理解しよう

 

 

 

 

 

ナックル回転

 

ナックルは無回転だと思ってくれれば、良いです。主に、下回転とのコンビネーションで使います。

 

ナックル回転は、空気の抵抗をうけにくいので、球が少しぶれたりして結構とりづらい球が出ることもあります。

 

裏ソフトでは、出しにくいですが、表ソフトや、粒高ソフトでは、ぶれる球が結構出ます。

 

 

 

 

回転への理解は卓球をうまくなるための基本ですから、しっかり、押さえておけると良いですね(^^♪

 

 

僕がが卓球初心者さんに、お勧めするラバーはコレ!

 

 

>>スレイバーFX <楽天市場>

 

 

卓球を本格的にやる場合、ラケットとラバーは別で買うのが、通常ですが、

 

 

初心者さんの場合、ラバーの選び方を教わったとしても、どんなラバーを使えばいいのかわからないという人は多いと思います。

 

 

そこで、卓球を本格的に初めて見たはいいものの、

 

 

どんなラバーを最初に使えば良いか、わからない、

 

 

どのラバーにしようか迷っている

 

 

まずは、初心者に定番のラバーを使いたい

 

 

といった方に僕がお勧めするのが、卓球界の最大手メーカ、バタフライがだしている、スレイバーFXというラバーです。

 

 

※おすすめのラケットも知りたいという方はこちらの記事をどうぞ→卓球初心者おすすめラケット

 

 

 

スレイバーfxは、昔、大流行した、ロングセラーのスレイバーシリーズの中の一つなんですが、その中でも特に、ラバーを柔らかくして、扱いやすさに特化した、初心者さんにぴったりのラバーなんです。

 

 

僕もスレイバーfxを初心者時代に使っていたのですが、

 

 

コントロールが安定する

 

ラバーの重みが少ないので、操作性が抜群

 

初心者に最適な打球感

 

 

と、初心者さんにとって、大事なポイントをすべておさえたラバーになっていますね(^^♪

 

 

ちなみに、ラバーを選ぶ際は、ラバーの厚みを自分で選びますが、この点に関しては、スレイバーfxの中〜厚くらいのものが最適です。

 

 

卓球初心者のうちから、特厚や、極薄といった厚みを選んでしまうと扱いが難しいので(^_^;)

 

 

では、興味のある方はぜひ使ってみてはどうでしょうか?

 

 

>>スレイバーFXを探すならこちら 長年初心者に愛され続ける安定ラバー!<楽天市場>