卓球のフォア打ちを身に着けよう

卓球〜フォア打ち




卓球のフォア打ちについて、解説しました。


最初に、フォア打ちとは、何なのか、次にフォア打ちのコツについて書いたので、参考にしてみてください。




卓球〜フォア打ちとは




卓球のフォア打ちは、卓球で最も基本的な、練習です。ラケットのフォア面(表側)だけを使ってラリーをします。


要するにフォアのラリーを卓球で、フォア打ちと呼んでいるだけです。


卓球では、このフォア打ちは、試合前や、練習前に、必ずやるので、最初のうちにできるようにしておきましょう。



フォア打ちのやり方


卓球でフォア打ちをするときは、対角線上を使い、台の右半面に立って、相手の左側に打つのが基本のやり方です。



卓球〜フォア打ち



※左利き同士で、フォア打ちをするときは、台の左側に立って、対角線上を使い右半面に、打ちましょう。



☆卓球初心者さんだと、ラリーの練習は、全面でやるのが普通だと思っている人がいますが、競技レベルの卓球は、半面同士で、打つのが基本なので、注意しましょう。


最初は、難しいかもしれませんが、慣れてくると、簡単にできるようになりますよ。




フォア打ちのコツ



角度を合わせる

フォア打ちのコツは、ラケットの角度を合わせることです。正直これだけで、ほとんど、大丈夫です。あとは、練習していけば、絶対にできるようになります。


最適な、ラケットの角度は、相手のボールのスピードや、自分の力の入れ具合、振り方によっても変わってきますので、


フォア打ちをしていく中で、自分の入りやすいラケットの角度を見つけていきましょう。


オーバーしてしまうなら、ラケットの角度をかぶせ気味


ネットにかかってしまうなら、ラケットの角度を開き気味


にして、調整していくと、自分の入りやすい角度がわかってきます。



卓球では、フォア打ちに限らず、ラケット角度の調整がとても大事です。

ここで、角度調整のコツを身に着けておけば、他の技術もすんなり身に着けることが出来ますよ。



リラックスした状態で打つ


もう一つのフォア打ちのコツは、リラックスです。フォア打ちは、フォアでラリーをしあうだけなので、力を入れる必要は、ありません。


あんまりフォームを意識したり、力を入れすぎたりして、がちがちの状態でやると、コントロールがつきません。


最初のうちは、ゆっくりのボールからでもいいので、続くようになってきたら、フォア打ちのスピードを上げていきましょう。



卓球初心者さんにありがちなミス


ボールを自分から追いかけてしまう

初心者によく見られるミスとして、ボールを自分から追いかけてしまう。ということがあります。

これをしてしまうと、体から離れたところでボールをミートすることになるので、正確性が薄れます。

また、打球点が低くなってしまうため、ネットミスにつながりやすくなります。注意しましょう。



ワンポイントアドバイス


卓球を始めたばかりの人にありがちなのが、ここで、フォームや、打ち方を考えすぎてしまい、逆に打てなくなってしまうことです。


ですから、あまり、フォームにはこだわらない方が良いとおもいます。


卓球をやっていくうちに、50、70、100回と簡単にできるようになってきます。頑張って練習してみましょう。

ではこの辺でおしまい(^^♪


僕がが卓球初心者さんに、お勧めするラバーはコレ!



>>スレイバーFX <楽天市場>


卓球を本格的にやる場合、ラケットとラバーは別で買うのが、通常ですが、


初心者さんの場合、ラバーの選び方を教わったとしても、どんなラバーを使えばいいのかわからないという人は多いと思います。


そこで、卓球を本格的に初めて見たはいいものの、


どんなラバーを最初に使えば良いか、わからない、


どのラバーにしようか迷っている


まずは、初心者に定番のラバーを使いたい


といった方に僕がお勧めするのが、卓球界の最大手メーカ、バタフライがだしている、スレイバーFXというラバーです。


※おすすめのラケットも知りたいという方はこちらの記事をどうぞ→卓球初心者おすすめラケット



スレイバーfxは、昔、大流行した、ロングセラーのスレイバーシリーズの中の一つなんですが、その中でも特に、ラバーを柔らかくして、扱いやすさに特化した、初心者さんにぴったりのラバーなんです。


僕もスレイバーfxを初心者時代に使っていたのですが、


コントロールが安定する

ラバーの重みが少ないので、操作性が抜群

初心者に最適な打球感


と、初心者さんにとって、大事なポイントをすべておさえたラバーになっていますね(^^♪


ちなみに、ラバーを選ぶ際は、ラバーの厚みを自分で選びますが、この点に関しては、スレイバーfxの中〜厚くらいのものが最適です。


卓球初心者のうちから、特厚や、極薄といった厚みを選んでしまうと扱いが難しいので(^_^;)


では、興味のある方はぜひ使ってみてはどうでしょうか?


>>スレイバーFXを探すならこちら 長年初心者に愛され続ける安定ラバー!<楽天市場>