卓球で、バックラリーを習得しよう

卓球〜バックラリー



卓球のバックラリーについての解説です。


最初に、バックラリーのやり方、その次に、バックラリーのコツについて、書いてみたので、参考にしてみてください。


※フォハンドの場合はこちらの記事→卓球〜フォア打ちとは




卓球〜バックラリーのやり方



バックラリーは、フォアハンドに対して、バック(ラケットの裏側)を使ってラリーをします。


フォアハンド同様、対角線を使ってやります。


台の左側に立って、対角線上を使い、相手の右半面にボールを打つのが、基本です。


卓球〜バックラリー



卓球のバックラリーは、最初はなかなか、難しいです。


ラケットの操作がフォアに比べて難しく、ここでつまずいてしまう卓球初心者さんが、けっこういるようです。


バックラリーのコツを解説していきたいと思います。



バックラリーのコツ



練習量を増やす

卓球初心者さんが、バックラリーがうまくできない場合、最大の原因は、練習量にあることが多いです。

バックラリーは、フォアラリーに比べて、操作が難しいので、簡単には、できるようになりません。ある程度の練習量をまずは、確保する必要があります。


ボールを自分で追いかけない

バックハンドで、ありがちなミスは、ボールを自分から追いかけてしまうことです。

理由はよくわかりませんが、卓球初心者さんは、来る前にボールを打ちに行ってネットに引っかけてしまうという人が多いので、自分のゾーンにくるまで待って打ちましょう。


※ちなみにこのミスが多い人は、ネットミスや、右利きなら、コースが、右にぶれてしまう人が多いはずです。左なら、この逆です。


角度を保つ

これは、フォアもバックも同じです。ラケットの角度を合わせなければ、ボールがはいりません。ラリーの練習を積みながら、どの角度が入りやすいのかを探っていきましょう。

基本的に、


オーバーしてしまう場合は、ラケットをかぶせ気味にする

ネットにかかる場合は、ラケッの角度を開き気味、(角度をつくらない)


ようにするとよいです。



角度調整は、バックラリーに限らず、あらゆる場面で卓球の基本となるので、早いうちに角度調整のコツをつかんでしまいましょう。


体の前で打つ

バックハンドのラリーをする際に、強く打とうとして、体の横で打ってしまう人が卓球初心者さんには、よくいます。


そもそもラリーに力を入れる必要もないですが(^_^;)


バックハンドの基本は体の前で打球することです。以外と多いミスなので、気をつけましょう。


ラケットを振る

バックハンドのラリーは、難しいので、ちゃんと振らずにただ、あてているだけの感じになりがちです。


これは、練習していけば勝手にできるようになりますが、入らない場合、ちゃんとラケットを振ることを意識してみても良いでしょう。


打点を調整

打点をあまりにも下げすぎると、角度があっていても入らないことがあります。バックハンドは、打点を落としにくいので、このミスは少ないですが、いろいろやってだめだったら、試してみてください。


☆慣れてくると、フォアラリーよりバックラリーの方が簡単だという人が来るかもしれません。バックの方が、フォアより、体に近いところでボールを打てますから(^^♪



最後に一言・注意


以上、バックラリーのコツを上げましたが、卓球初心者さんの技術習得で、一番怖いのは、


フォームや打ち方を気にしすぎてしまい、逆に打てなくなったり、ぎこちないフォームが身についてしまうことです。

打ち方は大事ですが、考えすぎても悪影響です。自分の感覚を大事にしていきましょう。

ではこの辺でおしまい(^^♪


僕がが卓球初心者さんに、お勧めするラバーはコレ!



>>スレイバーFX <楽天市場>


卓球を本格的にやる場合、ラケットとラバーは別で買うのが、通常ですが、


初心者さんの場合、ラバーの選び方を教わったとしても、どんなラバーを使えばいいのかわからないという人は多いと思います。


そこで、卓球を本格的に初めて見たはいいものの、


どんなラバーを最初に使えば良いか、わからない、


どのラバーにしようか迷っている


まずは、初心者に定番のラバーを使いたい


といった方に僕がお勧めするのが、卓球界の最大手メーカ、バタフライがだしている、スレイバーFXというラバーです。


※おすすめのラケットも知りたいという方はこちらの記事をどうぞ→卓球初心者おすすめラケット



スレイバーfxは、昔、大流行した、ロングセラーのスレイバーシリーズの中の一つなんですが、その中でも特に、ラバーを柔らかくして、扱いやすさに特化した、初心者さんにぴったりのラバーなんです。


僕もスレイバーfxを初心者時代に使っていたのですが、


コントロールが安定する

ラバーの重みが少ないので、操作性が抜群

初心者に最適な打球感


と、初心者さんにとって、大事なポイントをすべておさえたラバーになっていますね(^^♪


ちなみに、ラバーを選ぶ際は、ラバーの厚みを自分で選びますが、この点に関しては、スレイバーfxの中〜厚くらいのものが最適です。


卓球初心者のうちから、特厚や、極薄といった厚みを選んでしまうと扱いが難しいので(^_^;)


では、興味のある方はぜひ使ってみてはどうでしょうか?


>>スレイバーFXを探すならこちら 長年初心者に愛され続ける安定ラバー!<楽天市場>