卓球の下回転サーブってどんな感じ?

卓球〜下回転サーブ

 

 

 

 

卓球の下回転サーブについての解説記事です(^^♪

 

 

※ちなみに、この記事は、下回転サーブがどういうものか?の解説記事ですので、下回転の打ちかたについては、こちらを参考にして下さい。

 

 

卓球 下回転サーブの打ちかた

 

 

卓球の下回転サーブを理解しよう

 

 

下回転サーブとは?

 

 

下回転サーブは、打球に下回転をかけるサーブのことを言います。

 

 

下回転というのは、相手が、あてると下にボールが落っこちてしまう回転のことを言います。

 

 

 

分かりやすく言うとバックスピンがかかっている状態ですね。後進回転です。

 

 

 

下回転サーブでは、この回転をかけます。

 

 

下回転サーブが使われる場面は?

 

 

卓球で、この下回転サーブは、かなり多くの場面で、使われます。特に卓球上級者になれば、なるほど、この下回転サーブの使い方がうまいです。

 

 

下回転は、バックスピンがかかっているので、他のサーブに比べて相手が、簡単には、攻撃してこれません。

 

 

その特性を生かして、卓球界では、安全に自分の攻撃につなげたいときに、下回転サーブを使う人がとても多いです。

 

 

もちろん、安全に攻撃できる半面、サービスエースにつなげるのは、ちょっと難しい気がします。

 

 

サーブの難易度は

 

卓球初心者さんにとって、下回転サーブは、とても難しいです。

 

 

特にフォアサーブで下回転サーブをだす場合、形にはなっても、かかりのある下回転サーブをだせるようになるまでは、かなり時間がかかります。

 

 

また、下回転は他のサーブに比べてコントロールが繊細なので、上手くコントロールできるようになるまでは時間がかかります。

 

 

レシーブなら、慣れてしまえば、卓球初心者さんでも、簡単なんですけどね(^_^;)

 

 

重要度は?

 

 

卓球で、下回転サーブはとても重要です。特に、フォアで出す下回転サーブは、必ずできるようになった方が良いです。

 

 

フォアの下回転サーブができないと、ダブルスで支障が出るほか、シングルスでも、上のレベルで勝ち抜くのは、厳しいものがあります。

 

 

難しいので、初めてすぐにとは言いませんが、いずれはできるようになりましょう。

 

 

下回転サーブの分類

 

 

フォアの下回転サーブ

 

フォアの下回転サーブは、かかりが強いのが、特徴です。

 

手首を他のサーブより、大幅に使えるので、かかりのある、切れた下回転が出ます。

 

 

バックの下回転サーブ

 

バックサーブの下回転は、フォアサーブほど、かかりませんし、横回転に下回転が混ざった形になります。

 

ただ、バックサーブの性質上、コントロールがしやすく、短いサーブが出やすいのが、特徴です。また、他の回転と組み合わせることで、より、効果を発揮します。

 

 

しゃがみこみサーブの下回転

 

こちらも、横の回転に下回転を混ぜるといった感じです。

 

しゃがみこみサーブの下回転は、コントロールも難しく、かかりもそこまで出ない印象ですが、このサーブ自体を苦手としている人がけっこう多いので、使ってみるのもアリだと思います。

 

 

ちなみに、僕は、しゃがみこみサーブに下回転を取り入れてましたよ(^^♪

 

 

 

 

卓球〜下回転サーブ・まとめ

 

 

下回転サーブは、あてると落ちるバックスピンの回転

 

下回転サーブは難しいがとっても重要

 

バックサーブや、しゃがみこみサーブでも一応出せる

 

 

>>卓球TSPの保護シート 回転性能を維持するならTSP! <楽天市場>