サーブのルールを覚えよう

卓球〜サーブのルールをかんたん解説!

 

 

今回はサーブの基本ルールを見ていきます。

 

 

卓球を遊びではなく、競技としてやるとなると、守らなければならないルールがサーブに出てきます。

 

 

卓球のサーブはけっこう守らなけらばならないルールがおおく、ルールを知らないと、知らないうちに、違反サーブになりがちです。

 

 

僕の体感からいくと、卓球初心者さんの80%くらいは、ルール違反のサーブになってます(^_^;)

 

 

初心者のうちに覚えて置かないと、後々困るので、今のうちに覚えるようにしておきましょう。

 

 

卓球〜サーブのルール

 

 

サーブは自分のコートにワンバウンドさせる

 

 

これは、知っている人が多いと思います。ルールというか、サーブの仕方ですよね。

 

サーブは、自分のコートにワンバウンドさせてから、相手のコートに入れるのが、ルールです。破ったところで、反則にはなりませんが、このルールを破った場合、即、相手の得点になります。

 

 

 

サーブは、16cm以上あげる。

 

 

トスの高さは16cm以上あげなければなりません。

 

 

※具体的に、もっと細かく決まっていますが、基本16cmを基準にすればよいでしょう。

 

 

なぜこんなルールがあるかというと、あまりにも、低いトスでいきなり打たれると、相手に不利なので、トスの高さが16cm以上と決められているんですね。

 

 

ちなみに高さは、制限がないので、いくら高く上げても大丈夫です。

 

 

ちなみに16cmは思っているほど高くないので、これに引っかかる人はあまりいないと思います。

 

 

でも、たまにルール違反すれすれの高さの人が卓球経験者でもいます、なかなか困りますね(^_^;)

 

 

 

手のひらを開いてサーブをする

 

 

これは卓球初心者がよくやってしまいがちなミスで、てのひらをちゃんと、開かずにボールを隠してサーブしてしまう人が多いですが、これはだめです。

 

 

ちゃんと手を開いて、てのひらに乗せてサーブをしてください。手で隠されると相手はボールが見えなくて困りますから。

 

 

初心者のうちはこの状態でサーブをするのは、難しいですが、最初のうちに直しておかないと、後々、困るので、意識して練習しておいてください。

 

 

ちなみに僕は、後から直したので、かなり大変でした。癖がついてしまっていたので(>_<)

 

 

 

サーブをする前にいったん手を静止する

 

 

サーブをするために、ボールをてのひらをのっけた状態で、打つ前にいったん静止させるのが、公式のルールです。

 

 

あんまりこのルールは、厳格に守られてない気もしますが、お互い気持ちよく卓球をするためには、細かいルールもしっかり守っていきましょう。

 

 

 

 

台より上からサーブする

 

 

これも卓球初心者さんが間違いやすいミスなのですが、台の下からボールをあげてサーブをしてしまう人が多いです。

 

 

これも相手からすると、ボールがよく見えなくて、困るので、しっかり相手に見えるように、台の上の位置からサーブをするように心がけましょう。

 

 

 

ラケットを背中で隠さない

 

 

これはおまけです。初心者のうちはあまり気にしなくてもいいかもしれませんが、癖がある人は直しておいてください。

 

 

卓球は、うまくなると、相手のラケットの角度で、球の回転を見極めたりするので、ラケットを背中で隠されてしまうと、相手が困るので、やめましょうということです。

 

 

※背中で隠されると本当に困るので、卓球に慣れてきたら、絶対にやめてくださいね(^_^;)

 

 

 

ネットにあたって相手のコートに入ったら、サーブはやり直し、ネットにあたって自分のコートに入ったら、失点になる

 

 

サーブが、ネットにあたってから、相手のコートに入ったら、それは、有効打ではなく、サーブが打ち直しになります。点にはならないので、ご注意を。

 

 

サーブがネットにあったて、自分のコートに跳ね返ってきた場合は相手の点になります。

 

 

 

 

以上で、卓球のサーブの基本ルールは終了です。てのひらを開いたまま打ったり、卓球初心者のうちは難しいかもしれませんが、すぐできるようになりますので、頑張ってみてください。

 

僕がが卓球初心者さんに、お勧めするラバーはコレ!

 

 

>>スレイバーFX <楽天市場>

 

 

卓球を本格的にやる場合、ラケットとラバーは別で買うのが、通常ですが、

 

 

初心者さんの場合、ラバーの選び方を教わったとしても、どんなラバーを使えばいいのかわからないという人は多いと思います。

 

 

そこで、卓球を本格的に初めて見たはいいものの、

 

 

どんなラバーを最初に使えば良いか、わからない、

 

 

どのラバーにしようか迷っている

 

 

まずは、初心者に定番のラバーを使いたい

 

 

といった方に僕がお勧めするのが、卓球界の最大手メーカ、バタフライがだしている、スレイバーFXというラバーです。

 

 

※おすすめのラケットも知りたいという方はこちらの記事をどうぞ→卓球初心者おすすめラケット

 

 

 

スレイバーfxは、昔、大流行した、ロングセラーのスレイバーシリーズの中の一つなんですが、その中でも特に、ラバーを柔らかくして、扱いやすさに特化した、初心者さんにぴったりのラバーなんです。

 

 

僕もスレイバーfxを初心者時代に使っていたのですが、

 

 

コントロールが安定する

 

ラバーの重みが少ないので、操作性が抜群

 

初心者に最適な打球感

 

 

と、初心者さんにとって、大事なポイントをすべておさえたラバーになっていますね(^^♪

 

 

ちなみに、ラバーを選ぶ際は、ラバーの厚みを自分で選びますが、この点に関しては、スレイバーfxの中〜厚くらいのものが最適です。

 

 

卓球初心者のうちから、特厚や、極薄といった厚みを選んでしまうと扱いが難しいので(^_^;)

 

 

では、興味のある方はぜひ使ってみてはどうでしょうか?

 

 

>>スレイバーFXを探すならこちら 長年初心者に愛され続ける安定ラバー!<楽天市場>