卓球のしゃがみこみサーブはどんな感じ?

卓球しゃがみこみサーブ

 

 

 

卓球のしゃがみこみサーブについての解説です。

 

 

※この記事は、しゃがみこみサーブ自体の解説記事なので、しゃがみこみサーブの打ちかたについては、こちらの記事を参考にしてください。

 

 

卓球 しゃがみこみサーブの打ち方

 

 

では行きますね。

 

 

卓球のしゃがみこみサーブは、どんな感じ?

 

 

しゃがみこみサーブとは?

 

 

しゃがみこみサーブというのは、その名の通り、しゃがみこみながらするサーブのことです。

 

 

ラケットをかつぎこむようにして、構える人もいるため、かつぎこみサーブと呼んでいる人もいるようです。

 

 

通常、このしゃがみこみサーブを打つと、レシーブ側からみて、右側にボールが曲がっていきます。

 

 

うまい人になると、逆方向に曲がる回転も出せますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、言葉で説明するより、しゃがみこみサーブは、実際に見てもらった方がわかりやすいと思うので、

 

 

こちらのリンクを参考にどうぞ

 

 

松平健太・しゃがみこみサーブ yutube テレビ東京〜公式・卓球チャンネル

 

 

 

日本人のしゃがみこみサーブの代名詞といえば、松平健太選手のしゃがみこみサーブですね。

 

体全体を使いながら、しゃがみこんでサーブをしているのがわかります。見てくれれば、イメージがつかめるはずです。

 

 

 

難易度は?

 

ちょっと簡単〜普通くらいだと思います。遊びで卓球をやっている人でも、しゃがみこみに近いサーブをだせている人がたまにいますよね。

 

 

とはいっても、しゃがみこみサーブは、いろんな回転をだせるので、出す回転ごとに難易度が変わってきます(^_^;)

 

 

まあ、特別な回転をださない限り、コツをつかめばできるようになります。

 

 

※さっきの松平選手の動画でいうと、レシーブ側から見て、右方向に曲がってくるやつは、簡単ですが、左に曲がっていくほうはとても難しい回転です。

 

 

 

どんな場面で使うの?

 

人によって、変わりますが、基本、普通のフォアサーブで、組み立てて、ここぞという場面で、使ってくる人が、多い気がします。

 

もちろん、しゃがみこみサーブをメインのサーブとして、使っている人も、いないことはないですよ(^^♪

 

 

 

しゃがみこみサーブのレシーブは難しい?

 

 

しゃがみこみサーブをレシーブするのは、卓球初心者さんには、かなり難しいと思います。

 

 

回転の癖、回転力ともに強く、経験者の放つこのしゃがみこみサーブは、卓球初心者にとって悪魔のサーブですね(´・ω・`)

 

 

構えに入ると、「うわーしゃがみこみかー」ってなります。

 

 

僕も最初は、全然取れなくて、かなり悩みました(^_^;)

 

 

 

しゃがみこみサーブの弱点

 

 

しゃがみこみサーブは、卓球のプロレベルだと使用者が、あまり多くありません。回転は、強力なんですが、問題点もあるからだと思います。

 

 

戻りが遅くなる

 

しゃがみこみサーブは、名前の通り、しゃがみこんでサーブをするので、他のサーブより、動作が大きいです。

 

そのため、他のサーブより、その後の展開が、素早く行えないという問題があります。

 

 

現在の卓球では、サービスエースをとれる確率は、昔より減ってきており、サーブで崩すというより、

 

その後の展開・攻撃を重視する傾向にあるので、プロレベルだとあまり好まれないのかもしれません。

 

 

 

けがの可能性が高い???

 

本当かどうかはよくわかりませんが、しゃがみこみサーブは、ひじと、ひざへの負担が大きいということが言われていたりします。

 

 

しゃがみこみサーブの動作は、いわば、スクワットの動作に近いですから、ひざへの影響が多少は、あるでしょうし、同時にひじへの負担もかかっているのでは?と、僕は、思いますね。

 

 

※ただ、しゃがみこみサーブは、プロレベルだと、使う人が少ないだけで、中学生や、高校生の大会、一般レベルの卓球だと、よく見かけますよ。

 

 

 

 

しゃがみこみサーブはここが強い

 

 

独特なボールの進み方

 

伝えづらいですが、しゃがみこみサーブのボールは、他のサーブと比べて、進むスピードが速い気がします。

 

もうちょっと正確に言うと、ボールに伸びがあって、手元に来るほど、加速する感じですね。

 

たぶん、卓球初心者さんが、経験者のしゃがみこみサーブを受けたら、このように感じるると思います。

 

 

かかりのある二つの横回転を打てる

 

バックサーブや、フォアサーブだと、普通の横回転は、かなり曲がりますが、逆方向に曲がる横回転は、そこまで、かかりません。

 

 

これに対し、しゃがみこみサーブは、出すのが上手くなれば、カーブ的な回転、シュート的な回転、両方とも、ある程度かかりのある、横回転サーブを打つことができます。

 

 

うまい人のしゃがみこみサーブは、これにコース取りも加えてくるので、非常に厄介です(^_^;)

 

 

 

 

 

 

☆おまけ〜王子サーブは難しい

 

 

しゃがみこみサーブの1種類として、王子サーブと呼ばれるものがあります。

 

 

たぶん、有名なので、知っている方が多いとおもます。福原選手が子供のころに使っていた、必殺のサーブですね。

 

 

※ちなみにさっきの松平選手の、レシーブ側から見て、左方向に曲がっているサーブは王子サーブです。

 

 

 

もう一度見るならこちら→松平健太・しゃがみこみサーブ yutube テレビ東京公式チャンネル

 

 

 

 

で、卓球を始めると、誰しもが、この王子サーブをだしてみたいと思うんです。

 

 

 

ところが、この王子サーブはとっても難しいんですね(´・ω・`)

 

 

 

普通のしゃがみこみサーブはフォア面で打ちますが、王子サーブは、ラケットの裏側、つまりバック側でボールを切っているからです。

 

 

フォアの構えから、打つ直前にラケットを裏側にし、斜めの角度で、ボールに当てながら、回転をかける

 

 

という、恐ろしく難しいサーブなんです(>_<)

 

 

※僕も何度か、この王子サーブを習得しようと、練習したことがありますが、いまだにできません・・・

 

 

まあ、実際にできる人も少しはいるので、練習してみるかは、個人の自由ですが、特にこだわりがないなら、やめとくことをお勧めします(^_^;)

 

 

 

 

卓球〜しゃがみこみサーブ・まとめ

 

しゃがみこみながら、横への回転をかけるのが、しゃがみこみサーブ

 

しゃがみこみサーブは、長所と短所がある

 

王子サーブは、難しい

 

僕がが卓球初心者さんに、お勧めするラバーはコレ!

 

 

>>スレイバーFX <楽天市場>

 

 

卓球を本格的にやる場合、ラケットとラバーは別で買うのが、通常ですが、

 

 

初心者さんの場合、ラバーの選び方を教わったとしても、どんなラバーを使えばいいのかわからないという人は多いと思います。

 

 

そこで、卓球を本格的に初めて見たはいいものの、

 

 

どんなラバーを最初に使えば良いか、わからない、

 

 

どのラバーにしようか迷っている

 

 

まずは、初心者に定番のラバーを使いたい

 

 

といった方に僕がお勧めするのが、卓球界の最大手メーカ、バタフライがだしている、スレイバーFXというラバーです。

 

 

※おすすめのラケットも知りたいという方はこちらの記事をどうぞ→卓球初心者おすすめラケット

 

 

 

スレイバーfxは、昔、大流行した、ロングセラーのスレイバーシリーズの中の一つなんですが、その中でも特に、ラバーを柔らかくして、扱いやすさに特化した、初心者さんにぴったりのラバーなんです。

 

 

僕もスレイバーfxを初心者時代に使っていたのですが、

 

 

コントロールが安定する

 

ラバーの重みが少ないので、操作性が抜群

 

初心者に最適な打球感

 

 

と、初心者さんにとって、大事なポイントをすべておさえたラバーになっていますね(^^♪

 

 

ちなみに、ラバーを選ぶ際は、ラバーの厚みを自分で選びますが、この点に関しては、スレイバーfxの中〜厚くらいのものが最適です。

 

 

卓球初心者のうちから、特厚や、極薄といった厚みを選んでしまうと扱いが難しいので(^_^;)

 

 

では、興味のある方はぜひ使ってみてはどうでしょうか?

 

 

>>スレイバーFXを探すならこちら 長年初心者に愛され続ける安定ラバー!<楽天市場>