バックスマッシュをマスターしよう!

卓球〜バックスマッシュ

 

 

 

卓球のバックスマッシュについての解説です。

 

 

卓球初心者にとって、バックハンドスマッシュを、安定して入れるようになるのは、難しいです。

 

 

ですが、練習していけば、必ず入るようになりますので、ここで、打ち方とコツを覚えてしまいましょう。

 

 

 

※スマッシュ自体の解説と、フォアスマッシュの打ち方についてはこちらを参考にしてください

 

卓球〜スマッシュ

 

卓球〜スマッシュの打ち方(フォア)

 

 

 

では書いていきますね(^^)

 

 

 

卓球でバックスマッシュをマスターしよう

 

 

 

基本的なバックスマッシュの打ち方

 

 

・ラケットを胸の前あたりの位置から、ラケットのバック側を相手に向けながら、横斜め後ろにひきます。

 

 

・ひいたら、今度はそこから、ラケットを前に振り、打つ時は、体の横ではなく、前であてる感じにします。打つ瞬間には、ラケットを持っている方と、おなじ足を前に踏み込みながら打ちます。

 

 

これで、基本的な打ち方は、完成です。

 

 

場合によっては、踏み込まずに打つこともありますが、最初のうちはあまり、深く考えなくて大丈夫です。自然な体の動きに任せましょう。

 

 

※ペンの場合はまた別です。僕はシェイクなので、あまり、詳しくはかけませんが、ラケットは、そのまま横にひく感じで、あとは、シェイクと同じ感じで良いと思います。

 

 

 

では次に打ち方のコツ・注意点を書いていきますね。

 

 

 

 

バックスマッシュをいれるコツ

 

練習量

 

 

まあ、これは打ち方のコツとは言えないんですが、バックスマッシュを入れるには、打ち方よりも、慣れなんですね(^_^;)

 

 

卓球初心者さんが、バックスマッシュの練習を初めても、すぐには、できるようにならないので、

 

 

かなりの人が、そのうちに、入らない=フォームの問題なのかなーって感じで悩み始めます。

 

 

ですが、これはたいていの場合、練習量が足りないことが多いです(>_<)

 

 

フォアに比べて、バックは、操作が難しいですから、そんな簡単に入るようにはならないんですね。

 

 

しかも、スマッシュは、ラリーから難易度が、上がるわけですから、バックのスマッシュに関しては、ある程度、できるようになるまで我慢が必要になってきます。

 

 

打球点を調整する

 

 

これは、フォアスマッシュでも、言いましたが、打球点の調整がうまくいっていない人がとても多いです。

 

 

特に、バックスマッシュの場合は、打球点が下がりすぎてしまい、ネットにかけてしまう人が良く見られます。

 

 

ラケット操作に慣れていないので、つい打球点が狂いがちですが、意識するだけでも、だいぶ違うので、

 

 

ネットにかかる場合=打球点をあげる

 

オーバーミスが多い場合=打球点を下げる

 

 

と意識してみてください。

 

 

 

ボールを自分から追いかけない

 

 

これも、卓球初心者さんには、ありがちなミスです。ボールを自分から追いかけてしまい、打球点が前すぎて、コースがぶれてしまう感じです。

 

 

バックのスマッシュでは、なぜかこのような人が良く見られます。

 

 

しっかりと、ボールを打てるゾーンに入ってくるまで、ひきつけて打ちましょう。

 

 

 

体の横で打球してしない

 

 

体の横でボールを当ててしまうミスもたまにあります。

 

 

ボールをひきつけすぎた場合ですとか、横でボールを捉える癖がついていると、よくこの形になってしまいます。

 

 

バックの基本は、体の前で打球することです。

 

 

あまり前すぎるのも、腕が伸びきってしまいよくないですが、横で打球している人が多いので、心当たりがある場合は、見直してみましょう。

 

 

 

 

ワンポイントアドバイス

 

なるべくバックスマッシュより、フォアのスマッシュを使う

 

 

バックに来た場合、すべてのボールを、バックスマッシュするのではなく、基本、フォアでスマッシュできるボールは、フォアで打ってしまいましょう。

 

バックのスマッシュは、フォアに比べて、どうしてもボールの速度が、落ちるので、多少バックのボールでも、回り込んで打てるなら、フォアで打ってしまった方が得策ですし、安定感もフォアの方が高いですからね(^^)

 

 

 

自分の感覚を大切に

 

 

今まで、いろいろとバックスマッシュの注意点をあげてきましたが、一番大事なのは、自分の自然な感覚・考え方です。

 

 

☆本当に大事です。バックスマッシュに限らず、卓球の全ての技術でいえることだと思います。

 

 

いろいろ、人の意見をきにしすぎて、逆にフォームを壊してしまう・打てなくなってしまう、卓球初心者さんは、よくいますので、時にはセオリーを無視し、自分の自然な感覚や、考え方も大事にしていきましょう。

 

 

※特に卓球を始めたばかりの、小学生・中学生は、コーチや、年上の人など、いろんな人から教わったりすることが、多いので気をつけてくださいね(^_^;)

 

 

上手くても教えるのが下手な人はいますし、中学の部活なんかだと、ド素人が教えている場合もありますから・・・(´・ω・`)

 

 

 

 

卓球〜バックスマッシュ・まとめ

 

バックスマッシュの習得は、練習量がカギ

 

入らないときは、打球点を調整しよう

 

フォアで打てるボールは、なるべくフォアでスマッシュする

 

僕がが卓球初心者さんに、お勧めするラバーはコレ!

 

 

>>スレイバーFX <楽天市場>

 

 

卓球を本格的にやる場合、ラケットとラバーは別で買うのが、通常ですが、

 

 

初心者さんの場合、ラバーの選び方を教わったとしても、どんなラバーを使えばいいのかわからないという人は多いと思います。

 

 

そこで、卓球を本格的に初めて見たはいいものの、

 

 

どんなラバーを最初に使えば良いか、わからない、

 

 

どのラバーにしようか迷っている

 

 

まずは、初心者に定番のラバーを使いたい

 

 

といった方に僕がお勧めするのが、卓球界の最大手メーカ、バタフライがだしている、スレイバーFXというラバーです。

 

 

※おすすめのラケットも知りたいという方はこちらの記事をどうぞ→卓球初心者おすすめラケット

 

 

 

スレイバーfxは、昔、大流行した、ロングセラーのスレイバーシリーズの中の一つなんですが、その中でも特に、ラバーを柔らかくして、扱いやすさに特化した、初心者さんにぴったりのラバーなんです。

 

 

僕もスレイバーfxを初心者時代に使っていたのですが、

 

 

コントロールが安定する

 

ラバーの重みが少ないので、操作性が抜群

 

初心者に最適な打球感

 

 

と、初心者さんにとって、大事なポイントをすべておさえたラバーになっていますね(^^♪

 

 

ちなみに、ラバーを選ぶ際は、ラバーの厚みを自分で選びますが、この点に関しては、スレイバーfxの中〜厚くらいのものが最適です。

 

 

卓球初心者のうちから、特厚や、極薄といった厚みを選んでしまうと扱いが難しいので(^_^;)

 

 

では、興味のある方はぜひ使ってみてはどうでしょうか?

 

 

>>スレイバーFXを探すならこちら 長年初心者に愛され続ける安定ラバー!<楽天市場>