ドライブの打ち方をマスターしよう!

卓球〜ドライブの打ち方

 

 

 

 

卓球のドライブの打ち方についての解説です。

 

 

 

※卓球のドライブをよくわかっていない方はこちらの記事からどうぞ

 

 

卓球〜ドライブ

 

 

 

ドライブは、卓球初心者さんには、難しいイメージがもたれがちですが、ちゃんと、打ち方と、コツを抑えれば、いずれ絶対にできるようになります。

 

できるようになれば、確実に今よりも、ランクアップできますから、頑張っていきましょう。

 

 

 

では、書いていきますね(^^♪

 

 

 

卓球で、ドライブの打ち方をマスターしよう

 

 

 

まず、ラケットを胸の前あたりに構えます。

 

 

卓球の基本姿勢から、ちょうど体を起こした感じか、基本姿勢そのものから、スタートしてもらえればOKということですね。

 

 

まあ、ここは、そんな重要じゃないです。ただ、構えを作っただけですから。適当でもいいくらいです(笑)

 

 

大事なのはここから。打ち方の流れにそって書いていきますね。

 

 

 

1・ラケットを後ろ斜め下にひく

 

 

ドライブは、前進回転をかけるので、ラケットをまずは、下から振らなければなりません。

 

ただ、下といってもあまりにも下からだと、ボールが遅くなるので、斜め下くらいにします。

 

そして、ただ下にひくだけじゃロボットみたいな打ち方になってしまいますから、後ろにひくんですね。

 

合わせると、後ろ斜め下にラケットをひく。ということになります。

 

 

 

2・ラケットを普通よりかぶせながら振る

 

ラリーの時より、ラケットをかぶ気味にします。

 

まあ、1の振り方で振ったらかぶせないと、やりづらいので、自然とこの打ち方になると思いますが。

 

ボールに回転をかけるには、ボールをこすらないといけないので、ラケットをかぶせ気味にしながら打ちます。

 

 

3・ボールに当てたら、そのまま振りぬく。

 

ボールにドライブをかけたら、あとは、自然な体の動きにあわせて、振りぬきましょう。

 

ドライブは中途半端に振ると、回転がかからないので、しっかりと最後まで振りぬきましょう。

 

 

 

 

ドライブのイメージ図

 

卓球〜ドライブの打ち方

 

 

 

 

ここまでで、基本的な打ち方は完成です。一応、形だけはドライブになった段階です。

 

 

今度は、打ち方のコツを書いていきますね。

 

 

打ち方のコツ

 

 

ボールをこする意識を持つ

 

 

ドライブは、前進回転をかけるわけですから、打つ時に、ボールをこするという意識を持つことが大事です。

 

ただ、何となく打ち方をおさえるだけでは、足りません。

 

自分で、ボールをこする意識を持っていれば、そのうちボールに対する、あて方に慣れていき、回転のかかるドライブが打てるようになります。

 

 

このコツが一番大事ですね。

 

 

ちょっとボールが落ちてきたところで打つ

 

 

ドライブの弾道は下から振っているので、曲線を描いています。ということは、ラリーと同じ感じの打点で打ってしまうと、オーバーミスが出やすくなります。

 

特にツッツキで来た下回転は、ワンテンポ待って、打球点がちょっと落ちたところで打つとうまくいきます。

 

ただ、落としすぎると、ネットにかかってしまうので、注意が必要です。

 

 

 

どのくらい下から振るかを調整する

 

 

ラケットを振る角度は、後ろ斜め下といいましたが、この下の部分が、人によってどれくらい下すのか?が変わってきます。

 

人によって、それぞれドライブのスピードや、前に飛んでいく距離が違うので、自分が最も入れやすい位置を見つける必要があります。

 

僕は、ドライブが入らなくなったときに、まず一番に疑うのは、回転量ですが、その次は、このラケットをどれくらい下におろすのかを見ています。

 

 

オーバしてしまう→ラケットの下げ方を緩くする

 

ネットにかかる→ラケットをもうちょっと下げる

 

 

みたいな感じですね。

 

 

卓球初心者の段階では、どの辺まで、下におろせば良いのか?というところを、上の二つのポイントをやってもだめなら、見てもらえるとよいですね。

 

 

 

卓球初心者さんにしてほしいドライブの練習法

 

 

 

卓球初心者さんの場合、自分が下回転サーブをだす→卓球経験者ににツッツキをしてもらう→ドライブ

 

を繰り返し練習してもらえるとよいです。

 

 

 

練習する際の注意点

 

 

必ずツッツキをドライブする

 

 

普通のボールをドライブしても、回転をかけるコツがつかみにくいので、必ずツッツキのボールをドライブするようにしましょう。

 

 

卓球経験者にツッツキをしてもらう

 

 

できれば卓球経験者に出してもらいましょう。

 

相手も初心者だとツッツキのかかりが微妙ですから。

 

 

 

自分の下回転サーブから始める

 

 

この時に、注意してほしいのは、ちゃんと自分の下回転サーブから始めることです。

 

相手から、いきなりツッツキだと活きたボールにならず、かかりのあるボールを打つ練習にならないからです。

 

 

※下回転サーブができない人は、相手の下回転サーブ→ツッツキ、相手がツッツキ→ドライブでOKです。

 

 

 

 

最初のうちは、ツッツキの下回転に負けて、ドライブがネットに落ちてしまうと思いますが、ドライブがかかるようになってくれば、だんだんとにコートに入るようになってきます。

 

 

また、ネットにあたってしまった場合でも、ボールが前に回転していれば、ドライブができている証拠ですので、そのまま、練習していくと、いずれできるようになります。

 

 

 

まとめ

 

ドライブは後ろ斜め下から振る

 

こする意識を持つことが大事

 

ドライブの練習はツッツキを打つ

 

 

>>ドライブの回転性能を維持させるなら TSPの保護シートがお勧め <楽天市場>