横回転のレシーブをマスターしよう!

卓球〜横回転のレシーブ

 

 

 

 

 

卓球初心者さんにとって、横回転サーブのレシーブは、卓球のレシーブで一番最初にぶつかるカベですが、レシーブのコツさえつかめば、簡単に返せます。

 

 

ですからここで、しっかりと、返し方を身に着けておきましょう。

 

 

 

では書いていきますね(^^♪

 

 

※横回転サーブをよくわかっていない方は、こちらの記事からどうぞ→卓球〜横回転サーブ

 

※横回転サーブの打ち方に関してはこちら→卓球〜横回転の打ち方

 

 

 

 

横回転の基本的なレシーブ方法

 

 

 

角度を合わせてレシーブする

 

 

横回転サーブをレシーブするときの基本は、相手の回転と逆の方向にラケットの角度を作ることです。

 

 

つまり、飛んでいってしまう方向と逆をねらって打てばOK。ということになりますね。

 

 

横回転サーブを相手が打ってくる場合、普通にあてると、必ず左右、どちらかの方向にボールがとんで行ってしまいます。

 

 

相手のサーブによってどっちに飛んでいくは違いますが、

 

 

左に飛んでってしまう回転か、右に飛んで行ってしまう回転のどちらかなので、そのとんでいく方向とは、逆の方向にラケットの角度を作るとうまく返せます。

 

 

 

 

 

参考画像・右に飛んで行ってしまう場合

 

卓球〜横回転のレシーブ

 

 

 

 

 

そして、この時に、どのくらい横にぶれているのかを計算して角度を作りましょう。

 

 

横へのぶれが強い場合は、相手の横回転の量がおおいので、この場合は、逆方向への角度を大きく作り出す必要があります。

 

 

また、ぶれが少ない場合はちょっとしか横回転がかかっていないので、ちょっと逆方向に向けてくれればちゃんとレシーブできますよ。

 

 

 

強打する

 

 

横回転がかかっていたとしても、下に落ちる要素は横回転にはないので、そこまでかかりが強くなければ、スマッシュしてしまえば、簡単に相手のコートに入ります。

 

 

この場合は角度を合わせる必要もありません。

 

 

卓球初心者さんの場合、横回転は未知のサーブなので、消極的なレシーブになりがちですが、打ってしまえばけっこう簡単に入るので、試してみましょう。

 

 

※中途半端に打つのはだめです。強打じゃないと回転の影響を受けるので、おもいっきり打ちましょう。

 

 

 

では、次は、それぞれのレシーブごとに見た横回転の対応を書いていきますね。

 

 

 

 

レシーブごとの対応

 

 

ツッツキでレシーブする場合

 

 

 

※ツッツキを知らない方はこちら→卓球〜ツッツキ

 

 

まず、前提として、横回転をツッツキするのはあまりお勧めしません。

 

ツッツキは本来、下回転をレシーブするためにあるので、横回転をツッツキするのは難しいからです。

 

 

なるべくツッツキは横回転に使わないこれが原則です。

 

 

で、ツッツキで、もし返すことになった場合、一つ目のポイントはさっきも言った通り、飛んでいく方向と逆に角度を合わせて返します。

 

 

ただ、卓球初心者さんがこれだけで、レシーブすると必ずつまずいてしまうんですね。

 

 

たぶん、このまま逆の角度にあわせたまま、ツッツキでレシーブすると、上に浮いてしまうと思います。

 

 

横回転だから、上には浮かないはずでは?と思って、卓球初心者さんはレシーブするんですが、なぜか上に行ってしまうミスが出たりするんですよ(^_^;)

 

 

 

 

あまり理由はよくわかりませんが、

 

普通のラリーのボールよりかは、上に飛ぶ要素が横回転には混じっていることが原因だと思います。

 

 

ですから、横に角度を合わせるだけじゃうまくツッツキができない人は、飛ばないように、ツッツキの角度を急にして、下に向けることも合わせてツッツキをしてみてください。

 

 

 

普通に打つ場合

 

 

強打するとき

 

スマッシュドライブのように強打するときは、何も考える必要はありません。

 

 

おもいっきり振る

 

 

これが回転の影響を受けないコツです。回転量が強くなければ入るので、まずは、これでOKです。

 

 

 

ちょっと強めに返すとき

 

これは、回転の影響をちょっとだけ受けます。ですから、ちょっとだけ、回転と逆の方向をねらって打ちましょう。

 

 

 

軽打するとき

 

軽く返す場合は、横回転の影響を受けるので、しっかり逆方向への角度を作り出したうえで、ラケットを振りましょう。

 

 

 

 

 

どうしても横回転が取れない卓球初心者さんの場合

 

 

どうしても横回転が取れない卓球初心者さんは、ラケットにあてるだけを意識してやってみてください。

 

 

力を抜いて、相手の横回転をただあてるだけでOKです。

 

 

もちろん良いレシーブとは、言えませんが、一応、この方法なら、台の中には入ってくれるので、どうしても台からはみ出てしまうというひとや、浮いたレシーブになってしまうという人は、使ってみてください。

 

 

ラケットにあてるだけでOKです。

 

 

 

 

 

 

横回転のレシーブの優先順位は、スマッシュ→ドライブ→ラリーの回転である程度強く返す→ツッツキの順番です。

 

 

スマッシュで打てる横回転か試す前に、ツッツキをするみたいにならないよう注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

卓球〜横回転のレシーブ・まとめ

 

飛んでいく方向と逆にラケットの角度を作る

 

つなぐ前に打ってしまうと意外と返せる

 

どうしても返せない人は当てるだけでOK

 

 

僕がが卓球初心者さんに、お勧めするラバーはコレ!

 

 

>>スレイバーFX <楽天市場>

 

 

卓球を本格的にやる場合、ラケットとラバーは別で買うのが、通常ですが、

 

 

初心者さんの場合、ラバーの選び方を教わったとしても、どんなラバーを使えばいいのかわからないという人は多いと思います。

 

 

そこで、卓球を本格的に初めて見たはいいものの、

 

 

どんなラバーを最初に使えば良いか、わからない、

 

 

どのラバーにしようか迷っている

 

 

まずは、初心者に定番のラバーを使いたい

 

 

といった方に僕がお勧めするのが、卓球界の最大手メーカ、バタフライがだしている、スレイバーFXというラバーです。

 

 

※おすすめのラケットも知りたいという方はこちらの記事をどうぞ→卓球初心者おすすめラケット

 

 

 

スレイバーfxは、昔、大流行した、ロングセラーのスレイバーシリーズの中の一つなんですが、その中でも特に、ラバーを柔らかくして、扱いやすさに特化した、初心者さんにぴったりのラバーなんです。

 

 

僕もスレイバーfxを初心者時代に使っていたのですが、

 

 

コントロールが安定する

 

ラバーの重みが少ないので、操作性が抜群

 

初心者に最適な打球感

 

 

と、初心者さんにとって、大事なポイントをすべておさえたラバーになっていますね(^^♪

 

 

ちなみに、ラバーを選ぶ際は、ラバーの厚みを自分で選びますが、この点に関しては、スレイバーfxの中〜厚くらいのものが最適です。

 

 

卓球初心者のうちから、特厚や、極薄といった厚みを選んでしまうと扱いが難しいので(^_^;)

 

 

では、興味のある方はぜひ使ってみてはどうでしょうか?

 

 

>>スレイバーFXを探すならこちら 長年初心者に愛され続ける安定ラバー!<楽天市場>