ロングサーブのレシーブをマスター!

卓球〜ロングサーブのレシーブ




ロングサーブのレシーブについての解説です。


※このサイトは、卓球初心者向けのサイトなので、ロングサーブといっても、ナックルロングとかではなく、普通のラリーの回転に限定して話していきますね。(^^♪




ロングサーブのレシーブをできるようにしよう




まず、ロングサーブ自体のおさらいをしておくと、


卓球初心者のうちは、ロングサーブは、ラリーの回転を速くしたボールと理解してもらえれば、OKということでした。



※もしこの回転ではないロングサーブ来た場合は、最初のうちは取れなくて大丈夫です。まあ、このパターンは少ないですが(^_^;)


詳しく知りたい方はこちら→卓球〜ロングサーブ




で、卓球初心者さんが、このロングサーブを取れない場合、原因はだいたい3つです。



ボールの速さに対応できていない

ロングサーブをツッツキでレシーブしている

ロングサーブをつないでいる





だいたいこのどれかに対応していることが、多いので、それぞれに分けて、解説していきますね。




ボールの速さに慣れよう


ロングサーブは、ラリーの回転を速くしたものですから、まずは、速度に慣れないと、レシーブできないです(>_<)

反応が遅れれば、相手の思い通りのコースにかえってしまいますし、ネットにかかったりしてしまいます。



特に卓球経験者のロングサーブは、ものすごく速く感じますし、コースも厳しいので、とるのが、ますます難しいですが、

最初から、経験者のロングサーブをとれる人は、いません(^_^;)


まずは、一本でも多く、ロングサーブにふれて、慣れていきましょう。


体が反応してボールにちゃんと追いつければ、ある程度はレシーブできるようになります。



ロングサーブはツッツキしない


卓球初心者さんは、ツッツキを万能な技だと思っている人がいるので、ロングサーブにも、ツッツキをしてしまう人がいます。

ですが、ロングサーブは、さっきも言った通り、基本的に、ラリーの回転を速くしたものです。


ということは、本来、下回転をとるためにあるツッツキをロングサーブに使えば、ほとんどの確率で浮いたボールが返球されるか、オーバミスになってしまいます。


ですから、ラリーの回転には、ラリーで返す・スマッシュで返すというレシーブを心がけていきましょう。




ロングサーブはおもいっきり打つ


ロングサーブは速度が速いので、卓球初心者さんは、ミスを恐れて、安全にレシーブしがちです。

相手のロングサーブがとても速くて、反応できずに、こうなってしまう場合は、仕方ないですが、

もし、打てるレベルのスピードなら、思いっきりスマッシュしていきましょう。



ロングサーブは、つないでしまうと、速度が速いので、相手に打ちやすい長さのボールが返ってしまいます。

相手は、そのボールをたたくことを狙って、出しているので、中途半端なレシーブが一番危険です。思いっきり打ってしまいましょう。




どうしても入らない人は?


相手に、打ちやすいボールが返ってしまうどころか、台にすら入らないとい人は、ボールに当てるだけを意識してみてください。


ロングサーブは速度が速く、勢いがあるので、ただ、あてるだけで、レシーブすると、ちょうど台に収まってくれます。


ある程度の卓球経験者だと、そのあとのボールはほとんど打たれてしまいますが、台から出てしまうよりかはましなので、どうしても返せない人は試してみてください。


※もちろん、相によってロングサーブの威力がかわってくるのでネットにかかってしまう場合もあります。ですから、その場合は少しだけ、力を入れてレシーブしてくださいね(^^♪





ワンポイントアドバイス



ラケットの角度調整も大事

ロングサーブは速度がはやく、勢いがあるので、普通のラリーと同じ、ラケットの角度だと、飛んで行ってしまうことがあります。


スマッシュのように、強打をするなら、関係ないですが、

打てなくて、つながないといけないといった場合は、普通のラリーより、ちょっとラケット角度をかぶせるとよいかもしれません。


ロングサーブのレシーブはバックに打つ


ある程度、ロングサーブを返せるようになってきた、卓球初心者さんは、バックに返すことを意識してみましょう。


ロングサーブをフォアにレシーブしてしまうと、ラリーの回転なので、そのままスマッシュや、強打につながりやすいです。


ですから、打たれないためには、相手のバックに返して、攻撃を止めましょう。



※もちろん、バックにレシーブできても、卓球がうまい人だと、簡単に打ってくるので、最終的には、両方のコースに使い分けれると、最高です。


ただ、まずは相手のバックにレシーブできるところから始めてくださいね。





☆卓球〜ロングサーブのレシーブ・まとめ

まずは速度に慣れることが大事

ロングサーブはツッツキしない

出来るだけスマッシュしてしまうのがコツ

返せるようになってきた卓球初心者さんは、バックを狙ってレシーブしてみよう

僕がが卓球初心者さんに、お勧めするラバーはコレ!



>>スレイバーFX <楽天市場>


卓球を本格的にやる場合、ラケットとラバーは別で買うのが、通常ですが、


初心者さんの場合、ラバーの選び方を教わったとしても、どんなラバーを使えばいいのかわからないという人は多いと思います。


そこで、卓球を本格的に初めて見たはいいものの、


どんなラバーを最初に使えば良いか、わからない、


どのラバーにしようか迷っている


まずは、初心者に定番のラバーを使いたい


といった方に僕がお勧めするのが、卓球界の最大手メーカ、バタフライがだしている、スレイバーFXというラバーです。


※おすすめのラケットも知りたいという方はこちらの記事をどうぞ→卓球初心者おすすめラケット



スレイバーfxは、昔、大流行した、ロングセラーのスレイバーシリーズの中の一つなんですが、その中でも特に、ラバーを柔らかくして、扱いやすさに特化した、初心者さんにぴったりのラバーなんです。


僕もスレイバーfxを初心者時代に使っていたのですが、


コントロールが安定する

ラバーの重みが少ないので、操作性が抜群

初心者に最適な打球感


と、初心者さんにとって、大事なポイントをすべておさえたラバーになっていますね(^^♪


ちなみに、ラバーを選ぶ際は、ラバーの厚みを自分で選びますが、この点に関しては、スレイバーfxの中〜厚くらいのものが最適です。


卓球初心者のうちから、特厚や、極薄といった厚みを選んでしまうと扱いが難しいので(^_^;)


では、興味のある方はぜひ使ってみてはどうでしょうか?


>>スレイバーFXを探すならこちら 長年初心者に愛され続ける安定ラバー!<楽天市場>