卓球〜ストップ

卓球〜ストップ




卓球のストップについての解説です。


ストップとは、ストップの打ち方、ストップの使い方など書いてみましたので、参考にしてみてください!




ストップとは



相手が攻撃してこれないように、ネットすれすれに低く、短く止める技のことを言います。


よく使われるのは、相手のサーブに対して、返したボールをドライブしてこれないように、レシーブでストップが使われる場面です。


ただ、レシーブに限らず、ラリー中も、相手が後ろに下がって自分が前にいるような場面で、ストップをし、点を狙ったりもします。



通常サーブに対しては、ツッツキで下回転をかけて打ってこれないようにしつつストップ、


ラリー中は、ツッツキではなく、ラケットにあてるだけの感じで、ストップを使う人が多いです。



ラリーの延長でストップを使うのは、簡単ですが、ツッツキを使ってのストップレシーブは、けっこう難しいです。




では今度はストップの打ち方を解説していきますね(^^♪



※ツッツキをできない人は、レシーブでストップを使うことができないので、

もし、ツッツキができない人がいましたら、こちらの記事から先にどうぞ→卓球〜ツッツキの打ち方



※ツッツキ自体を知らない人はこちらからどうぞ→卓球〜ツッツキ



ストップの打ち方



ラケットの角度調整をする

ストップですから、まずは、ボールが低く出るように、ラケットの角度を調整しましょう。

ボールが短く止まっていても、浮いたボールだと、打たれしまいます。

台のギリギリに落ちるように、ラケット角度を下にして、ボールに当てます。



ボールのバウンド直後であてる

これも、ストップを短く止めるコツです。

バウンド直後つまりボールがはね上がる直前であてれば、それだけ、飛び方を抑えることができるので、ボールが短く止まってくれます。

最初のうちは、難しいですが、慣れていけばできるようになると思います。



力を抜く

ストップは、力を抜いてやりましょう。

短く止める技ですから、できるだけ力を抜いた方が短く止まりますよね(^^)


ツッツキでやる場合、力を抜くと回転量が落ちてしまいますが、最初のうちは気にしなくてよいでしょう。

かなりの卓球上級者だと回転をかけたまま、ストップをできる人がいますが、卓球初心者には、とても無理ですので、力を抜いてストップをやりましょう。






レシーブで、ストップを使うのは難しい



以上、上にストップのコツを書きましたが、卓球初心者さんの場合、まず、レシーブでストップをうまく使いこなせることは、できないです(^_^;)


サーブをストップで、レシーブする場合


・相手のサーブがどんな回転なのか?

・サーブの回転量はどれくらいか?

・それに対して、どれくらいのラケット角度を作り出せばよいのか?


の3つを全部、正確に行わないといけないからです。



他の技術なら、これらを読み間違えても、まだ、何とかなりますが、

ストップの場合、ネットギリギリに落とすという繊細な技なので、ちょっとのミスが、すぐ失点につながってしまうんですね(^_^;)


ですから、卓球初心者さんの場合、ストップでのレシーブは、できないなら、それで問題ありません。


ラリー中に、普通の球を、普通の打ち方で、ストップできれば十分なので、できなくても落ち込まないようにしましょう。




ストップの使いどころ



ストップにも使いどころがあります。このレシーブも相手に読まれていると、台上で払われて打たれてしまいますから。


ですので、使いどころとしては、相手がドライブをしようとしているとき、強打されるのを防ぎたいとき、後ろに相手を追いやっているときなんかが、有効です。


要するに、相手が思いっきり攻撃しようと思っているときに、ストップで、台の前に落とすということですね(^^)


相手が前のボールを警戒しているときは、出しても打たれるだけなので、気をつけてください。




おまけ〜卓球がうまい人ほどストップがうまい


これは、完全におまけの話なんですが、卓球がうまい人ほど、このストップがとてもうまい傾向にあります。


卓球の技術の中でこのストップは、上のレベルになればなるほど、

強打させない重要性が増してくるので、多用される傾向にあり、できないわけにはいかないんですね。



一度、プロの卓球の試合を見てみると、良いと思います。


どの選手もネットすれすれの地点に、とても正確にストップを落としているのが、わかります。


また、プロでなくても、県大会レベルの卓球になってくると、やはりこのストップはうまいです。


一定のラインで勝てない人と、勝てる人の違いがどこに、一番出るのは、ストップの技術だと思いますね。


特にダブルスの場合、このストップはよく使われるので、上手いか、下手かで、天と地ほどの差があります(^_^;)



卓球〜ストップ・まとめ

ストップは台の前に短く止める技

サーブをストップするのは難しい

相手がドライブなどで、打ってくるときに、ストップで引っかける

僕がが卓球初心者さんに、お勧めするラバーはコレ!



>>スレイバーFX <楽天市場>


卓球を本格的にやる場合、ラケットとラバーは別で買うのが、通常ですが、


初心者さんの場合、ラバーの選び方を教わったとしても、どんなラバーを使えばいいのかわからないという人は多いと思います。


そこで、卓球を本格的に初めて見たはいいものの、


どんなラバーを最初に使えば良いか、わからない、


どのラバーにしようか迷っている


まずは、初心者に定番のラバーを使いたい


といった方に僕がお勧めするのが、卓球界の最大手メーカ、バタフライがだしている、スレイバーFXというラバーです。


※おすすめのラケットも知りたいという方はこちらの記事をどうぞ→卓球初心者おすすめラケット



スレイバーfxは、昔、大流行した、ロングセラーのスレイバーシリーズの中の一つなんですが、その中でも特に、ラバーを柔らかくして、扱いやすさに特化した、初心者さんにぴったりのラバーなんです。


僕もスレイバーfxを初心者時代に使っていたのですが、


コントロールが安定する

ラバーの重みが少ないので、操作性が抜群

初心者に最適な打球感


と、初心者さんにとって、大事なポイントをすべておさえたラバーになっていますね(^^♪


ちなみに、ラバーを選ぶ際は、ラバーの厚みを自分で選びますが、この点に関しては、スレイバーfxの中〜厚くらいのものが最適です。


卓球初心者のうちから、特厚や、極薄といった厚みを選んでしまうと扱いが難しいので(^_^;)


では、興味のある方はぜひ使ってみてはどうでしょうか?


>>スレイバーFXを探すならこちら 長年初心者に愛され続ける安定ラバー!<楽天市場>