シェイクハンドとは!

卓球・シェイクハンド 

 

 

 

 

シェイクハンドは、卓球で、最もメジャーな種類のラケットですね。卓球をやっている人の中ではシェイクを使っている人が圧倒的に多いです。

 

 

 

卓球〜シェイクハンド

 

 

 

 

 

 

シェイクハンド=握手

 

 

握手するようにシェイクは握るので、

 

 

名前はそこからの由来だと思います。

 

 

昔はペンと呼ばれるラケットが、卓球の主流だったので、年配の方には、ちょっとなじみが薄いかもしれません。

 

 

シェイクの特徴

 

 

操作がしやすい

 

卓球をやっている人に、シェイクの人が多いのは、ラケットの操作がしやすいと感じる人が多いからです。卓球初心者でも、シェイクの方が使いやすいと感じる人が圧倒的に多いのではないでしょうか。

 

 

バックが使いやすい

 

卓球初心者さんには、わかりづらいかもしれませんが、シェイクは、バックハンド(ラケットの裏面側)がやりやすいです。フォアハンド(ラケットの表側)と合わせて、両方、バランスよく使えるのがメリットです。

 

 

※他にもいろいろありますが、初心者の段階では、わからないと思うので、やめときますね(^_^;)

 

 

 

 

シェイクハンド〜グリップの種類

 

 

シェイクの中でもいろいろグリップの種類があります。持ち方は基本、同じですが、種類によって性能が変わってきます。

 

 

 

ストレート

 

 

 

 

これは持つところがまっすぐ(ストレート)になっているシェイクです。ストレートの特徴は、スピードが速い、威力のあるボールが打てることです。そのかわり、握りづらく、ボールのコントロールは、やりにくいので、卓球上級者向きのシェイクといったところでしょうか。

 

 

 

 

フレア

 

 

 

これは、持つところが下に向かって、広がっている奴ですね。

 

 

卓球界では定番のシェイクで、使っている人も多いです。

 

 

フレアの特徴は、握りやすく、コントロールもしやすいことです。その変わり、ボールのスピードや威力は落ちます。

 

 

 

 

 

アナトミック

 

 

 

アナトミックは、持ち手の中央がちょっと、ふくらんでいて、より手にフィットする感じになっています。

 

 

※画像で見ても、フレアとの違いが分かりづらいかもしれません。

 

 

 

☆ワンポイント・アドバイス

 

 

僕が卓球初心者だったころは、フレアをつかっていました。フレア→ストレートと使って今は、アナトミックを使っています。

 

 

自分で、一番使いやすそうなラケットを最終的に選んでもらえれば、それで良いですが、個人的なお勧めはフレアです。

 

 

フレアは、コントロールがしやすいですし、フレアから始める初心者が多いので、どれがいいかわからない人や、迷っている人はフレアで良いと思いますよ(^^♪

 

 

>>シェイクのラケットが勢ぞろい 卓球大手メーカー・バタフライのシェイクを探すならこちら <楽天市場>