フリックの打ち方をマスタ!

卓球〜フリックの打ち方

 

 

 

 

卓球のフリックの打ち方についての解説です。

 

 

※フリック自体の解説は、こちらの記事をどうぞう→卓球〜フリック

 

 

卓球初心者さんにとって、フリックは、難しいと感じる人が多いようですが、コツを押さえれば、以外とできるようになると、思います。

 

 

打ち方、コツ、フリックをする際の注意点の3つに分けて、書きますので、参考にしてみてください(^^♪

 

 

 

卓球でフリックをマスターしよう!

 

 

 

フリックの基本的な打ち方

 

 

まず、ラケットを軽く上に振り上げます。

 

 

こうすることで、ラケットの角度が、より作りやすくなるので、かかりのある下回転に対応できるようになります。

 

 

そして、そのあと、ラケットを下していきながらボールの回転量に合わせて角度を作り

 

下回転なら、下から上に、ナックルや、横回転ならかぶせ気味にラケットを振ります。

 

 

で、打った後は、流れに任せて思いっきり振りぬきます。

 

 

これで、基本的な打ち方は、完成です。

 

 

では、今度は打ち方のコツを見ていきますね。

 

 

 

打ち方のコツ

 

 

フリックのコツは回転量に対する角度の見極めです。

 

 

単純ですが、これが打ち方の最大のコツなんです(^^)

 

 

下回転の量に合わせて、ラケットの角度を上向きにし、台上で払っていきます。

 

 

この時に、

 

・下回転の量が多いなら、ラケットの角度を上向きに開く

 

 

・下回転の量が少ないなら、ラケットの角度を上向きにする具合を下げる

 

 

・横回転や、ほぼナックルなら、ラケット角度を横から入れる

 

 

 

これでだいたいのボールは入ると思いますよ。

 

 

より多くのサーブにふれて、回転量を見決められるようになり、それに対する角度を正確に出せるように頑張っていきましょう。

 

 

 

これでも入らない人は?

 

 

フリックのミスで多いのは、圧倒的に下回転をネットに落っことしてしまう場合です。

 

 

角度調整をしても、こうなってしまう人の場合、打球点をあげた打ち方を意識してみましょう。

 

 

打球点の高い位置で打てば、下回転の影響を受けても、落ちるまで距離をかせげるので、ネットにかかりにくい打ち方になると思いますよ(^^♪

 

 

 

フリックをする際の注意点

 

 

 

ラケットを振り上げすぎない

 

 

フリックはラケットを上に振り上げてから、打ちますが、あまりにも、上にあげてしまうのはNGです。

 

 

確かに上にあげるのは重要なんですが、

 

 

短い下回転をフリックしなければならないのに、あまりにもラケットをあげると、打ち方の動作が大きくなり打球点が落ちてしまいます。

 

 

そもそも、そこまで振り上げてもあんまり意味ないですよね(^_^;)

 

 

 

フリックは思いっきり打つ

 

 

フリックは相手の下回転を打っていく技ですが、当然相手は、打たせないように下回転をだしてきているので、あまり、速度のあるフリックは期待できません。

 

 

ですから、中途半端にフリックをしてしまうと、中途半端な速度のフリックが出て、卓球がうまい相手には、簡単にカウンターされてしまいます。

 

 

卓球を始めたばかりの人の場合、下回転を落とすのが、怖くて、つい安全にフリックしがちですが、

 

相手にカウンターされる速度で、フリックをしても意味ないので、思いっきり打ってしまった方が良いでしょう。

 

 

※おもいっきり打ったら、入らない場合は、無理に打つ必要はないので、ツッツキをしてしまいましょう。

 

 

コース取りをしっかりとる

 

 

さっきも話した通り、フリックは、速い速度で打てる人は少ないです。

 

 

なので、コースが甘くなると、卓球がうまい人には、やはり簡単にカウンターにされてしまいます。

 

 

ですから、最低でも両端のコースに完璧に打ち分けるくらいの正確さがフリックには求められてきます(^_^;)

 

 

甘いコースに入って逆に相手にチャンスを与えてしまわないよう、コースに打てるように練習しておきましょう。

 

 

 

 

ここまで、フリックのコツを書いてきましたが、正直、卓球初心者の段階では、無理して、この技を身に着ける必要はありません。

 

 

難しい技なので、やってみて出来そうなら、余裕があってチャレンジできるなら、取り組んでみてください。

 

 

卓球経験をある程度積んでうまくなってからでも、遅くはありませんので、大丈夫です(^^♪

 

 

 

 

卓球〜フリックの打ち方・まとめ

 

打ち方のコツは回転量に対する角度調整

 

ラケットの振り上げすぎはNG

 

中途半端なフリックはしない

 

僕がが卓球初心者さんに、お勧めするラバーはコレ!

 

 

>>スレイバーFX <楽天市場>

 

 

卓球を本格的にやる場合、ラケットとラバーは別で買うのが、通常ですが、

 

 

初心者さんの場合、ラバーの選び方を教わったとしても、どんなラバーを使えばいいのかわからないという人は多いと思います。

 

 

そこで、卓球を本格的に初めて見たはいいものの、

 

 

どんなラバーを最初に使えば良いか、わからない、

 

 

どのラバーにしようか迷っている

 

 

まずは、初心者に定番のラバーを使いたい

 

 

といった方に僕がお勧めするのが、卓球界の最大手メーカ、バタフライがだしている、スレイバーFXというラバーです。

 

 

※おすすめのラケットも知りたいという方はこちらの記事をどうぞ→卓球初心者おすすめラケット

 

 

 

スレイバーfxは、昔、大流行した、ロングセラーのスレイバーシリーズの中の一つなんですが、その中でも特に、ラバーを柔らかくして、扱いやすさに特化した、初心者さんにぴったりのラバーなんです。

 

 

僕もスレイバーfxを初心者時代に使っていたのですが、

 

 

コントロールが安定する

 

ラバーの重みが少ないので、操作性が抜群

 

初心者に最適な打球感

 

 

と、初心者さんにとって、大事なポイントをすべておさえたラバーになっていますね(^^♪

 

 

ちなみに、ラバーを選ぶ際は、ラバーの厚みを自分で選びますが、この点に関しては、スレイバーfxの中〜厚くらいのものが最適です。

 

 

卓球初心者のうちから、特厚や、極薄といった厚みを選んでしまうと扱いが難しいので(^_^;)

 

 

では、興味のある方はぜひ使ってみてはどうでしょうか?

 

 

>>スレイバーFXを探すならこちら 長年初心者に愛され続ける安定ラバー!<楽天市場>