卓球の天井サーブはどんな感じ?

卓球〜天井サーブ

 

 

 

 

天井サーブとは?

 

 

トスをとても高くあげて、打つサーブのことをいいます。

 

 

最近では、天井サーブというよりも、投げあげサーブとか、ハイトスサーブという言い方の方が一般的になってきてますね。

 

 

中には、観客席に届いているんじゃないかという高さまで、あげる人もいますし、高さは人によってそれぞれです。

 

 

卓球のルールでは、トスの高さは、16センチ以上と決まっているだけで、

 

高さの上限に関しては、どこまで上げてもよいので、このように高くなげ上げてサーブする人が出てくるんですね。

 

 

 

※高くトスをあげているから、天井サーブと呼ぶだけで、実際、天井にぶつけちゃうと相手の点になってしまうので、注意してくださいね(笑)

 

 

 

 

天井サーブのメリット

 

 

なんで、こんな高く投げ上げるサーブを使うかというと、高さのエネルギーを利用できるからです。

 

 

中学校で習うアレです。位置エネルギーを運動エネルギーへっていうやつですね(笑)

 

 

高ければ、高いほど、ボールの回転が強くなりますし、速度もつけたりすることができるので、卓球上級者になると、この天井サーブを使う人が結構います。

 

 

また、高くトスを上げることによって、低いトスのサーブと組み合わせ、相手のタイミングを狂わせるという効果もありますね。

 

 

 

実際、プロの卓球選手でも、天井サーブを使っている人は多いです。

 

特に、日本の選手は結構使ってますね。

 

福原選手もそうですし、石川選手もトスを高く投げ上げてサーブをしていますよ。

 

 

 

 

天井サーブのデメリット

 

 

卓球のプロの中には、この天井サーブを使わない人も結構います。中国の選手なんかは、あまり使っている人がいません。

 

別にプロに限った話でもないんですけど。

 

 

これはなんでかというと、ボールをあまりに高く上げてしまうと、体育館の照明とかぶってしまうからなんですね(^_^;)

 

 

何とも、アホな理由ですが、実際に、天井サーブを使っている選手の中には、会場によっては、照明が入ってくる場合があり、低いトスのサーブを仕方なく、使うという場面が良く見られます(笑)

 

 

 

他にも、天井サーブはコントロールが付きにくいです。

 

 

高さのエネルギーを利用できる分、力を制御するのが、大変なんですね。

 

 

また、高く投げ上げるので、トスがまっすぐ上がってくれずに、ちょっとぶれてしまうこともあります。

 

 

卓球のプロでも、ちょいちょい、コントロールミスになってしまう場面が見られますから。

 

 

 

 

天井サーブは難しい

 

 

天井サーブは難易度が高いです。

 

 

卓球初心者さんはもちろん、ある程度、卓球経験がある人でも、センスに左右されるところがあります。

 

 

高く上げると、打球点を合わせづらくなることや、そもそも、高く上げると、ボールがぶれて変な方向にトスが上がってしまったりすることが原因ですね。

 

 

実際、僕もチャレンジしたことがありますが、実践で、卓球の大会で使えるレベルまでは、習得することは出来ませんでした(^_^;)

 

 

 

 

 

 

卓球〜天井サーブ・まとめ

 

トスをとても高く投げ上げるのが、天井サーブ

 

天井サーブには、メリットとデメリットがある

 

天井サーブは、卓球経験者でも習得が難しい

 

僕がが卓球初心者さんに、お勧めするラバーはコレ!

 

 

>>スレイバーFX <楽天市場>

 

 

卓球を本格的にやる場合、ラケットとラバーは別で買うのが、通常ですが、

 

 

初心者さんの場合、ラバーの選び方を教わったとしても、どんなラバーを使えばいいのかわからないという人は多いと思います。

 

 

そこで、卓球を本格的に初めて見たはいいものの、

 

 

どんなラバーを最初に使えば良いか、わからない、

 

 

どのラバーにしようか迷っている

 

 

まずは、初心者に定番のラバーを使いたい

 

 

といった方に僕がお勧めするのが、卓球界の最大手メーカ、バタフライがだしている、スレイバーFXというラバーです。

 

 

※おすすめのラケットも知りたいという方はこちらの記事をどうぞ→卓球初心者おすすめラケット

 

 

 

スレイバーfxは、昔、大流行した、ロングセラーのスレイバーシリーズの中の一つなんですが、その中でも特に、ラバーを柔らかくして、扱いやすさに特化した、初心者さんにぴったりのラバーなんです。

 

 

僕もスレイバーfxを初心者時代に使っていたのですが、

 

 

コントロールが安定する

 

ラバーの重みが少ないので、操作性が抜群

 

初心者に最適な打球感

 

 

と、初心者さんにとって、大事なポイントをすべておさえたラバーになっていますね(^^♪

 

 

ちなみに、ラバーを選ぶ際は、ラバーの厚みを自分で選びますが、この点に関しては、スレイバーfxの中〜厚くらいのものが最適です。

 

 

卓球初心者のうちから、特厚や、極薄といった厚みを選んでしまうと扱いが難しいので(^_^;)

 

 

では、興味のある方はぜひ使ってみてはどうでしょうか?

 

 

>>スレイバーFXを探すならこちら 長年初心者に愛され続ける安定ラバー!<楽天市場>