卓球の促進ルールはどんな感じ?

卓球〜促進ルール

 

 

 

促進ルールとは?

 

 

卓球で試合が長引くのを防ぐために、使われるルールのことです。

 

 

通常、卓球の試合は、5セットやったとしても、そんなに時間がかかることはありません。

 

 

 

ただ、もし長引いてしまった場合、長引くのが予想される場合、この促進ルールを適用して、試合時間を短くするということが行われるんですね。

 

 

まあ、この促進ルールが良いか悪いかは、おいといて、現在の卓球ではこのルールが適用されることが、まあまあ、あります。

 

 

 

特にカットマン対カットマンですと、両方、守備型の戦型のため、試合がなかなか進まず、この促進ルールが採用されることがよくありますね。

 

 

 

※カットマンについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ→卓球〜カットマン

 

 

 

促進ルールの内容

 

 

 

簡単にまとめておきました(^^♪

 

 

 

1ゲーム(セット)が10分たっても終わらない場合に適用される

 

 

10分です。

 

短いように感じるかもしれませんが、普通の攻撃型同士だと、5分程度で、1ゲームは終わります。

 

 

ですから、カットマンが関与していないと、促進ルールになることは少ないでしょう。

 

 

 

※二人のポイントの合計が18点に達した場合は採用されません。

 

 

 

 

サービスは、2本交代から1本交代に変更

 

 

レシーバーが、サービスを含めて13回のリターンに成功すれば、レシーバーの得点となる

 

 

これが促進ルールの大きな特徴ですよね。

 

 

レシーブ側は粘っていれば、ラリーに打ち勝たなくても点になってしまうんです。

 

 

逆にサーブ権を持っている側は、とっとと攻撃してけりをつけないと、相手の得点になってしまうという恐ろしいルールですね。

 

 

 

そのマッチの残りゲームは全て促進ルールが適用される

 

 

 

 

 

ちなみに、対戦者二人の了解があれば、10分経過していなくても促進ルールを適用することができます。

 

まあ、普通、こんなことしないですけどね。

 

 

 

 

 

おまけ〜促進ルールの現状

 

 

正直、促進ルールは一般レベルの卓球だと、ほとんど、利用されてません。

 

 

プロレベルの試合だと、けっこう見たりしますが、一般の大会で、そこまで規模がでかくなければ、カットマン同士の戦いでも、適用されないことの方が多いです。

 

 

これは、カットマン同士のラリーでも、一般レベルの卓球だとプロのように長続きしないことや、

 

地方レベルの大会だと、公式の審判がいなくて、選手同士で審判をしているので、ここら辺はゆるゆるの状態になってしまうんですね。

 

 

ですから、卓球初心者さんの場合でしたら、卓球にはこんなルールもあるんだぐらいで、大まかな促進ルールの内容を抑えてもらえれば、充分ですよ(^^♪

 

 

卓球〜促進ルール・まとめ

 

促進ルールは、試合が長引くのを防ぐためのルール

 

促進ルールはレシーバーに有利

 

一般レベルの卓球では、促進ルールはあまり使われていない

 

 

僕がが卓球初心者さんに、お勧めするラバーはコレ!

 

 

>>スレイバーFX <楽天市場>

 

 

卓球を本格的にやる場合、ラケットとラバーは別で買うのが、通常ですが、

 

 

初心者さんの場合、ラバーの選び方を教わったとしても、どんなラバーを使えばいいのかわからないという人は多いと思います。

 

 

そこで、卓球を本格的に初めて見たはいいものの、

 

 

どんなラバーを最初に使えば良いか、わからない、

 

 

どのラバーにしようか迷っている

 

 

まずは、初心者に定番のラバーを使いたい

 

 

といった方に僕がお勧めするのが、卓球界の最大手メーカ、バタフライがだしている、スレイバーFXというラバーです。

 

 

※おすすめのラケットも知りたいという方はこちらの記事をどうぞ→卓球初心者おすすめラケット

 

 

 

スレイバーfxは、昔、大流行した、ロングセラーのスレイバーシリーズの中の一つなんですが、その中でも特に、ラバーを柔らかくして、扱いやすさに特化した、初心者さんにぴったりのラバーなんです。

 

 

僕もスレイバーfxを初心者時代に使っていたのですが、

 

 

コントロールが安定する

 

ラバーの重みが少ないので、操作性が抜群

 

初心者に最適な打球感

 

 

と、初心者さんにとって、大事なポイントをすべておさえたラバーになっていますね(^^♪

 

 

ちなみに、ラバーを選ぶ際は、ラバーの厚みを自分で選びますが、この点に関しては、スレイバーfxの中〜厚くらいのものが最適です。

 

 

卓球初心者のうちから、特厚や、極薄といった厚みを選んでしまうと扱いが難しいので(^_^;)

 

 

では、興味のある方はぜひ使ってみてはどうでしょうか?

 

 

>>スレイバーFXを探すならこちら 長年初心者に愛され続ける安定ラバー!<楽天市場>