初心者から独学でうまくなろう

卓球は短いサーブが大事!

 

 

 

卓球初心者さんとうまい人の壁の一つがこの短いサーブをだせるかです。

 

 

普通、卓球初心者さんが、サーブをおぼえた場合、だいたいが長いサーブになっています。

 

 

でも、長いサーブだけだと大会に行って通用しないんですね。

 

 

特に卓球上級者(シードレベルや、コート責任者レベル)だと、いとも簡単に打たれてしまいます。

 

 

ですから、ちょっと短いサーブについて考えてみましょう。

 

 

 

短いサーブはなんで必要?

 

 

これは、さっきも言った通り、相手に打たれるのを防ぐためです。卓球台は、狭いので、

 

 

サーブが長くなってしまうと、相手にドライブを許してしまうんですね。

 

 

でも、短い位置にサーブをだせれば、相手は、ドライブしてこれません。無理やり打とうとすれば、台をドライブしてしまいますから(笑)

 

 

いくら卓球がうまくても物理的に無理なら、ドライブできませんよね(笑)

 

 

サーブを一球目に打たれるというのは、とてもリスクがあることです。

 

 

長いサーブになってしまえば、相手にサーブが打たれて、この時点で不利な状態になります。

 

 

レベルの高い相手はサーブでもガンガン打ってくるので、長いサーブしかできないと、あぶないんですね。

 

 

 

ですから強打させない、サーブを目指すために、この短いサーブと言うのが必要になってきます。

 

 

 

どのくらい短ければ良いのか?

 

 

ネットすれすれの位置に落とせるのが、理想です。

 

 

短ければ、短いほど、相手に打たれるリスクは減ります。卓球がうまい人ほど、より、ネットすれすれにボールを落としてきますね

 

 

ただ、卓球を始めたばかりの初心者さんにこのレベルはちょっときついので、

 

 

最低限、相手のドライブが届かない位置に出せれば、OKです。

 

 

強打させない、ドライブさせないことが目的なので、これが達成できれば、大丈夫でしょう。

 

 

 

短いサーブの出し方

 

 

ポイントは2つです。

 

 

打点を下げることと、薄くあてること。

 

 

 

打点を下げる

 

 

これは当たり前ですね。打球点が高いということは、ボールがはねている間に、台の中で進んで行ってしまいます。

 

ですから、打点をできるだけ下げて、進むのを防ぐ必要があります。

 

 

また、打点を下げることで、低いボールが出るので、相手にとっては、とても打ちづらくなります。

 

ネットすれすれの、低い位置ですから、それだけ、ネットミスをしやすくなりますし、はねてる時間が短いので、素早い対応をしないといけないからです。

 

 

ラバーに薄くあてる

 

 

打点を下げるだけだと、まだ、ちょっと不十分です。これだけでも、ある程度短く止まりますが、

 

 

出来れば、薄くあてることも意識してみてください。

 

 

ラケット(ラバー)に厚くあたってしまうと、それだけ衝撃が強くなり、長く出ますから、表面で当てるような感覚です。

 

 

ここまで、完璧にできるようになれば、ネットすれすれという、サーブも打てるようになります。

 

 

めちゃくちゃ薄くあてるということでなければ、回転が落ちるということもないので、大丈夫ですので、試してみましょう。

 

 

ただ、この感覚を身に着けるのは、けっこう難しいです(^_^;)

 

 

粘り強く練習しましょう。

 

 

 

短いサーブは特に下回転が重要だ

 

 

短いサーブで重要なのは、下回転サーブです。

 

 

ほかのサーブで、短いサーブができなくても、正直何とかなりますが、下回転はできないとだめです。

 

 

ダブルスでも、短い下回転サーブは、基本ですし、いくら、他のサーブで短いサーブをだして、ドライブをさせなかったとしても、下回転のように後進回転は入ってないので、スマッシュに近い打たれ方をすることがあるからなんですね。

 

 

※ちなみに、卓球初心者の方には、上回転サーブでは、短いサーブをだすことは出来ないと思っている人がいますが、普通に出せます。

 

 

打点をさげて、薄くあてれば、余裕なので、練習してみましょう。

 

 

ちなみに、ロングサーブは、ちょっと無理です。これはラリーの延長なので、できなくても大丈夫ですよ。

 

 

あと、念のために、ロングサーブと、上回転サーブは違います。卓球初心者さんだと、この二つを同じだと思っている人がたまにいるので、気をつけましょう。

 

 

リンクになっているところを踏めば、解説ページに飛べますので、わからない人は違いを押さえておきましょう。

 

 

 

卓球で短いサーブを使う・まとめ

 

短いサーブは、相手にドライブをさせないのが、目的

 

短いサーブの出し方は、打点を下げる、薄くあてる

 

短いサーブで大事なのは下回転サーブ

 

僕がが卓球初心者さんに、お勧めするラバーはコレ!

 

 

>>スレイバーFX <楽天市場>

 

 

卓球を本格的にやる場合、ラケットとラバーは別で買うのが、通常ですが、

 

 

初心者さんの場合、ラバーの選び方を教わったとしても、どんなラバーを使えばいいのかわからないという人は多いと思います。

 

 

そこで、卓球を本格的に初めて見たはいいものの、

 

 

どんなラバーを最初に使えば良いか、わからない、

 

 

どのラバーにしようか迷っている

 

 

まずは、初心者に定番のラバーを使いたい

 

 

といった方に僕がお勧めするのが、卓球界の最大手メーカ、バタフライがだしている、スレイバーFXというラバーです。

 

 

※おすすめのラケットも知りたいという方はこちらの記事をどうぞ→卓球初心者おすすめラケット

 

 

 

スレイバーfxは、昔、大流行した、ロングセラーのスレイバーシリーズの中の一つなんですが、その中でも特に、ラバーを柔らかくして、扱いやすさに特化した、初心者さんにぴったりのラバーなんです。

 

 

僕もスレイバーfxを初心者時代に使っていたのですが、

 

 

コントロールが安定する

 

ラバーの重みが少ないので、操作性が抜群

 

初心者に最適な打球感

 

 

と、初心者さんにとって、大事なポイントをすべておさえたラバーになっていますね(^^♪

 

 

ちなみに、ラバーを選ぶ際は、ラバーの厚みを自分で選びますが、この点に関しては、スレイバーfxの中〜厚くらいのものが最適です。

 

 

卓球初心者のうちから、特厚や、極薄といった厚みを選んでしまうと扱いが難しいので(^_^;)

 

 

では、興味のある方はぜひ使ってみてはどうでしょうか?

 

 

>>スレイバーFXを探すならこちら 長年初心者に愛され続ける安定ラバー!<楽天市場>