浮いてきたツッツキはチャンス!

浮いてきたツッツキはスマッシュしよう〜卓球3球目攻撃

 

 

 

卓球初心さんだと、わからないかもしれませんが、卓球界では、浮いてきたツッツキはスマッシュしてしまうのが、常識です(^^♪

 

 

ちょっと、詳しく見ていきましょう。

 

 

※スマッシュの打ち方がわからない方はこちらをどうぞ→卓球〜スマッシュの打ち方

 

 

 

なんで、浮いたツッツキはスマッシュできるの?

 

 

通常、ツッツキは下回転がかかっています。

 

 

ですから、ツッツキに対してはドライブを使うというのが、卓球界の常識ですよね(^_^;)

 

 

でも、浮いてきたボールは別なんです。浮いてきたツッツキは、回転力がまず、落ちます。

 

 

普通の下回転より、ちょっとしか、回転がかかっていないんですね。

 

 

浮いてきた球=ちゃんと下に角度をつけられていない=あまり下回転がかかっていない

 

 

ということです。

 

 

 

そしてもう一つ、浮いてきたボールは、打球点が高い位置で打てるんです。

 

 

つまり、低い打球点では、入らなかったとしても、浮いてきた、打球点の高いところで打てるボールなら、スマッシュしてしまえば、基本的には、入るんですね(^^)

 

 

それに、下回転もちょっとしかかかっていないですから。

 

 

だから、浮いてきたボールはスマッシュでOKが卓球界の常識になっているんだと思います(^^)

 

 

 

浮いたボールはチャンスボール!

 

 

浮いてきたツッツキは間違いなくチャンスボールです。

 

 

理由は、ドライブじゃなくて、スマッシュできるからですよね。

 

 

スマッシュの方がドライブより、速度が速いので、サーブで、相手のツッツキを浮き球にすることを狙い、そのボールをスマッシュすれば、得点しやすいビックチャンスということになります。

 

 

まあ、相手もこうならないように、レシーブを工夫してくるわけで、卓球上級者になれば、なるほど浮いたツッツキはしないものですが(^_^;)

 

 

 

ただ、卓球初心者でも、卓球経験者でも、この展開に持ち込めると、かなり有利なので、相手のツッツキを浮かせる、サーブを考えてみましょう。

 

 

 

 

相手のツッツキを浮かせるには?

 

 

卓球ではいろんな回転のサーブがありますが、相手のツッツキを浮かせるには、上回転系のサーブが有効です。

 

 

上回転=上に吹っ飛んでしまう回転

 

 

なので、このサーブがだせると、浮いたツッツキのレシーブを狙えます。

 

 

また、ナックルサーブも有効です。相手が下回転だと思っているところに、ナックルサーブ(無回転)をだし、ギャップで浮いたツッツキをさせます。

 

 

おもにこの2つのサーブを軸に組み立てるとよいですね。

 

 

 

ただ、上回転サーブや、ナックルサーブばかり使っていると、相手も当然、読めてくるので、ツッツキをせずに、打ってきますから、

 

その辺は、フェイントをいれたり、コースを厳しくしたり、他の回転を使ったりして対策を打ちましょう。

 

 

 

浮いたツッツキをスマッシュするときの注意

 

 

浮いたボールは、原則スマッシュですが、例外があります。

 

 

ダメなのは、

 

 

・相手のツッツキがういてるにも関わらず、かかっているとき

 

・打点が落ちてしまったとき

 

 

です。

 

 

 

浮いてるのにかかっているとき

 

 

まず、浮いているのに、かかっているときですが、これは、相手のツッツキのレベルが高くて、浮いたツッツキでも下回転がけっこう残っている場合があります。

 

 

このボールをスマッシュしてしまうと、ネットに引っかかる可能性が高くなってしまうので、相手のツッツキがかなり、かかっているようなら、大事をとって、ドライブにしておきましょう。

 

特に、卓球上級者のツッツキや、カットマンのツッツキとカットは、下回転の量が多いのことが多いので、気をつけましょう。

 

 

 

打点が落ちてしまったとき

 

 

浮いてきたボールは打球点が高いところにあるので、落ちるまでの間にスマッシュでコートに入ってくれます。

 

 

ただ、いくら浮いてきたボールでも、打つ側の対応が遅れて、打球点が落ちてしまい、普通のボールと同じような打点になってしまったなら、そのボールはスマッシュしちゃダメです。

 

 

いくら、ツッツキの回転量が少ないといっても、打球点が落ちているので、ネットにかかる可能性があるからです。

 

 

ですから、打球点が落ちてしまったときは、おとなしくドライブをして対応しましょう。

 

 

 

まとめ

 

浮いてきたツッツキはスマッシュしよう

 

相手のツッツキを浮かせるサーブを考えよう

 

相手のツッツキがかかっているときと、打球点が落ちたときは、ドライブ

 

僕がが卓球初心者さんに、お勧めするラバーはコレ!

 

 

>>スレイバーFX <楽天市場>

 

 

卓球を本格的にやる場合、ラケットとラバーは別で買うのが、通常ですが、

 

 

初心者さんの場合、ラバーの選び方を教わったとしても、どんなラバーを使えばいいのかわからないという人は多いと思います。

 

 

そこで、卓球を本格的に初めて見たはいいものの、

 

 

どんなラバーを最初に使えば良いか、わからない、

 

 

どのラバーにしようか迷っている

 

 

まずは、初心者に定番のラバーを使いたい

 

 

といった方に僕がお勧めするのが、卓球界の最大手メーカ、バタフライがだしている、スレイバーFXというラバーです。

 

 

※おすすめのラケットも知りたいという方はこちらの記事をどうぞ→卓球初心者おすすめラケット

 

 

 

スレイバーfxは、昔、大流行した、ロングセラーのスレイバーシリーズの中の一つなんですが、その中でも特に、ラバーを柔らかくして、扱いやすさに特化した、初心者さんにぴったりのラバーなんです。

 

 

僕もスレイバーfxを初心者時代に使っていたのですが、

 

 

コントロールが安定する

 

ラバーの重みが少ないので、操作性が抜群

 

初心者に最適な打球感

 

 

と、初心者さんにとって、大事なポイントをすべておさえたラバーになっていますね(^^♪

 

 

ちなみに、ラバーを選ぶ際は、ラバーの厚みを自分で選びますが、この点に関しては、スレイバーfxの中〜厚くらいのものが最適です。

 

 

卓球初心者のうちから、特厚や、極薄といった厚みを選んでしまうと扱いが難しいので(^_^;)

 

 

では、興味のある方はぜひ使ってみてはどうでしょうか?

 

 

>>スレイバーFXを探すならこちら 長年初心者に愛され続ける安定ラバー!<楽天市場>