初心者から独学でうまくなろう

初めての卓球の大会で気をつけたいこと

 

 

 

こんかいは、卓球の初心者さん向けに初めての大会で気をつけることを書いていきます。

 

 

参考にしてみてください(^^♪

 

 

※大会での重要なルール、試合までの流れは、前に記事にしたことがあるので、こちらを参考にしてください。今回の内容とかぶるところもありますが、こちらの方が重要です!

 

卓球〜試合のルール

 

 

 

 

卓球の大会に出よう!

 

 

ゼッケンと安全ピンを用意する

 

 

まず、卓球の大会に出るには、ゼッケンと安全ピンが必要なんです。

 

 

あ、もちろん、ユニフォームが必要なのは、言うまでもないですけど。

 

ユニフォームの後ろに、ゼッケン貼って、安全ピンでとめて、これで大会に出る下準備は完了です。

 

 

ちなみに、小さい大会なら、ゼッケンがなくても、布に名前を書いて、背中に貼れば、出れることもあります。

 

このへんは、確認するしかないですが、卓球を始めて本当にすぐ、大会に出たいというと、ゼッケンが間に合わないときがあるので、その時は確認してみましょう。

 

 

 

体育館の上は靴、フロアは室内履き

 

 

これは、卓球界では常識ですね。でも初めての人だと、知らない人が多いと思います。気をつけときましょう。

 

 

特に、観客席で体育館履きを履いて、そのまま、下に降りちゃうという人が多いです。

 

 

で、コレ見つかるとすごい怒られます(´・ω・`)

 

 

特に学生の大会なんかだと、こっぴどく。市の体育館は、マナーが悪い団体には、使わせてくれなくなる可能性があり、かなり気をつけてますので、運営側が(^_^;)

 

 

ですから、観客席は靴、下に降りるときに体育館履きに履き替える、と覚えておきましょう。

 

 

 

ズボンを忘れないように気をつけて!

 

 

これ、初心者さんに限らず、卓球経験者でもすごく多いです。

 

 

ユニフォームの上はでかいから、忘れないんですけど、ズボン忘れてきちゃう人がめちゃくちゃいる(^_^;)

 

 

大会会場でのお決まりですね。必ず一人は、忘れてくる奴がいます。

 

 

初めての大会で、ズボンがなくて出られないなんて、悲しすぎますから、家を出る前に必ず、チェックしましょう。

 

 

僕のお勧めは、制服や、私服の下に、ユニフォームのズボンをはいてくることです。こうすれば、絶対、忘れることはないので、試してみてください。

 

 

 

台の準備を手伝う

 

 

大会会場に速くついた、場合、台出しを手伝うのが、マナーです。

 

 

ただ、勝手に準備をするのはダメですけど。運営の方から、指示があるので、そしたら、卓球台の準備を手伝いましょう。

 

 

高校の大会なんかだと、あらかじめ準備する高校が決まっていたりもしますが、基本的には、はやくきた人が、台をだすという感じになっているはずですから、一応きをつけておきましょう。

 

 

 

ネット、エッジ、にあてたら相手に一言声をかける

 

 

卓球界では、ネットにあたって点になった場合、エッジ(台の角)にあたって、点になった場合、相手に一言{すいません}と声をかけるのが、マナーです。

 

 

まあ、相手からみたら、初心者さんだなと、見てわかるので、仕方ないとおもってくれるかもしれませんが、マナーですから、気をつけておきましょう。

 

 

初めての試合で緊張していると、つい忘れがちですからね(^^)

 

 

初めての大会で気をつけたいこと・まとめ

 

卓球の大会に出るには、ユニフォームと、安全ピン、ゼッケンがいる

 

フロアと観客席の履き替えに気をつけて

 

ネット、エッジは謝るのが、マナー

 

 

この記事を読んでくれた方へのおすすめ!

 

 

>>卓球の安全ピンが勢ぞろい おしゃれな安ピンを探すならこちら <楽天市場>